心のガイドマップ

交流分析 

 交流分析(Transactional Analysis,以下TAと略す)はアメリカの精神科医エリック・バーン(19101970)により開発された人格心理学であり、また心理療法の理論と技法です。TA4つの基本理論と3つの周辺理論から成り立っています。

基本理論
@自我状態分析:個人の心の構造と、その働きを理解する方法
Aやりとり分析:
2人またはそれ以上の人との間でおきていることを理解する方法Bゲーム分析:終わった後でイヤーな感じをもたらす特定な交流を理解する方法、C脚本分析:個人が持っている、その人の生き方のパターン、子供のころに作った 青写真を理解する方法

 これら
4つを柱としています。
 これに加えて、バーンは刺激欲求、承認欲求、構造欲求という人間の欲求に注目し、ストローク、時間の構造化、人生の基本的態度という
3つの理論を作り出し、基本理論と関連付けを行いました。

カウンセリングへの活用

 カウンセリングにおいて、まず必要なのはカウンセラー自身の自己理解です。
次にクライエントを理解し、さらにカウンセラーとクライエントとの関係、すなわちカウンセリングのプロセスを理解することが必要です。
TAの理論はそのために有用です。カウンセラーやクライエントの自我状態に汚染はおきていないか?クライエントの脚本はどのようなものか?今ここで、カウンセラーとクライエントの間でゲームは起きていないか?カウンセリングのゴールはなにか(契約)?など、カウンセリングの過程をTA理論で分析し、カウンセリングの道程を明らかにしていくことができるのです。

*汚染:成人の自我状態が、「親」の偏見や「子供」の思い込みに惑わされて、現実に即した判断を誤ること。 

 *契約:カウンセリングの目標を明確にし、それに向かって進むことを合意。

  TAが心理療法として目指すもの

  小さいころに作った時代遅れの地図(人生脚本)から自由になり、大人としての自分が持っている、“今、ここで”の生き方を選択すること。

  脚本を書き換えること、とも言われるが、最終的には脚本から脱却し、自由になること、すなわち自律性を獲得すること、であると私は考えている。
 次に挙げるポーシャ・ネルソンの詩は、まさにそのプロセスを現している。

        

ポーシャ・ネルソン  5つの短い章からなる自叙伝   
TA Today(IanStewart.VannJoines.深沢道子監訳)より

T.私は通りを歩く。
  歩道に深い穴がある。
  私は落っこちる、
  どうしたらいいのか分からない、・・・どうしようもない、
  これは私の間違いじゃない。
  出方がわかるまでものすごく時間がかかる。

U.私は同じ通りを歩く。
  歩道に深い穴がある。
  私はそれを見ないふりをして、
  またまた落っこちる。
  また同じ場所にいるのが信じられない。
  でも、これは私の間違いじゃない。
  やはり出るのにずいぶん時間がかかる。

V.私は同じ通りを歩く。
  歩道に深い穴がある。
  それがあるのが見える、
  それでも私は落っこちる、・・・これは習癖(くせ)だ。
  私の目は開いている。
  自分がどこにいるのかわかる。
  これは私のしたことだ。
  すぐそこからでる。

W.私は同じ通りを歩く。
  歩道に深い穴がある。
  私はそれを避(よ)けて通る。

X.私は別の通りを歩く。


    


Autobiography in Five Short Chapters
by Portia Nelson


1.
I work down the street,
There is a deep hole in the sidewalk
I fall in
I am lost...I am helpless
It isn't my fault,
It takes forever to find a way out.


U
I walk down the same street,
There is a deep hole in the sidewalk,
I pretend I don't see it
I fall again
I can't believe I am in the same place.
But ,it isn't my fault.
It still takes a long time to get out.

V.
I walk down the same street
There is a deep hole in the sidewalk、
I see it is there
I still fall in...it's a habit
My eyes are open
I know where I am
It is my fault.
I get out immediately

W.
I walk down the same street.
There is a deep hole in the sidewalk.
I walk around it.

X.
I walk down another street.



 

TA講座のスケジュール 


2015年 4 月以降

セスク NOPカウンセリング教育サポートセンタ

1. 101基礎講座
 2015年6月20日(土)21日(日)受付中
 2日間 12時間コース 国際交流分析協会認定修了証発行 

2. 202アドバンス講座
 2016年2月21日(日) テーマ未定 
  

3. 通年コース 受付終了
講読会
  
 2015年 4月より(原則的)第2週土曜日10時〜12時
 「交流分析の理論と実践技法」Woollams.S, Brown.M
昨年度より継続

TAグループ・スーパービジョン

 2015年4月より上記講読会と同日午後 13時30分〜15時30分

  
上記二つは同日午前と午後です。

問い合わせ:NPOセスク 東京カウンセリング
スクール    
 03-3233−3363
 東京都千代田区神田神保町1−34風間ビル3F
 メール:
cesc@npo-cesc.or.jp
 HP
:www.npo-cesc.or.jp

15年度4月よりセスクでの講座に関しては、パンフレットを下記に請求してくださるか、ホームページをご覧ください
 
お問い合わせ:NPO セスク 東京カウンセリングスクール 3233−3363
ホームページ www.npo-cesc.or.jp

その他の講座

以上に載せていない単発の講座も、学会の研修会や、産業カウンセラー協会支部であります。

お問い合わせはこちらをクリックしてメールでお願いします メールフォーム


出版のご案内 インターネット、アマゾンで注文できます。
「日本における交流分析の発展と実践」風間書房  定価 9500円
何冊か纏まれば繁田といって下さい。著者割引で2割易くなります。ご注文は風間書房まで。03−3291−5729  メール:kazama@wd6.so-net.ne.jp

『いい人間関係が面白いほど作れる本』 中経出版 1100円
2006年に2版が発刊されました。ビジネス実用書コーナーにあります。TAの理論を、分かり易く日常のコミュニケーションにも役立つように書かれています。人格適応型にも触れています。台湾での翻訳が出版されました

『人格適応型理論』の翻訳が誠信書房から出版されました。カウンセリングだけではなく普段の人間関係にもとても役立つ面白い理論です。発売から3ヶ月で初版は売り切れ、2版が出ました。よろしくお願いいたします。
『人格適応型検査用紙』も誠信書房より出版、販売されています。

『子育てに活かす交流分析』風間書房 1200円

お母さんたちと一緒に作った本です。仲間があると思うと子育ても楽ですよ。「TAママの会・フィール」と共著です。朝日新聞、東京新聞に記事が載りました。

『交流分析の理論と実践技法』 風間書房 6000円
Stan Woolams,MichelBrown著 丸茂ひろみ・城所尚子訳 繁田千恵監訳
交流分析の理論と臨床への応用が詳しく書かれている、TAを学ぶ人にとっての必読の一冊です。

交流分析