繁田千恵   1933年 11月22日 生まれ   さそり座です。

仕事
  カウンセラーとして都内2ヶ所のカウンセリングルームでカウンセリ
     ングをしています。また全国で交流分析をはじめとする、カウンセリ
     ングの理論の講義やグループワー クなどを行っています。
     2008年帝京平成大学院の教員を退職し、TA心理研究所を開設し
     ました。こちらでは交流分析の国際資格取得を目指す心理臨床家
     養成、および交流分析を深く学び臨床に活かしたい専門家へのトレ
     イニングを行っています。

資格  国際TA協会教授会員、臨床心理士、日本カウンセリング学会認定
     カウンセラー・スーパーバイザー、産業カウンセ ラー(シニア)・スパ
     ーバイザーなど、長い年月の間にはいろいろとあります。

     

今一番大事にしている言葉

  頭で分かることより、腑に落ちること。

モットー
It is never too late to start


なにごとも、始めるのに遅すぎるということはありません。
これは私が、50台になってもう一度大学へ行こうかどうか迷っていたときに、メリー・グールデイング女史というTAの大御所から言われた言葉です。
「チエ、 自分がやりたいと思ったことをはじめるのに遅すぎることはないのよ。今がそのタイミングだから、やりたいと思ったことをはじめなさい」
多くの50、60、70代の方に、私はこの言葉を伝えたいのです。
このホームページ作成も、このモットーに従って、実行しました。
60の手習いではなく、70の手習いです。


これからやりたいこと
TAの臨床家を育て、私も共に成長していくこと。
「死ぬまで現役!!」 ご迷惑かけずに貫きたいです。