2006年だあ!!
1月4日
あっという間に3が日が過ぎました。遅まきながら明けましておめでとうございます。
暮には見たいと思っていた映画を2本見ました。「オールウエイズ3丁目の夕日」、よかったです!!しみじみと人間らしい暖かさが溢れる、名作です。特に私たちの年代にはなんとも懐かしい映画です。1年間の涙を最終的に絞りつくした感じです。もう一つの映画は「Mr.&Mrs. Smith」です。これは劇画と思わなければ、腹が立ってみていられません。漫画と思えばまあ楽しめます。カップルセラピーから始まってカップルセラピーのシーンで終わるのですが、そこら当たりもなんともヘンな感じです。あまり後味はよくない映画でした。このほかには見たい映画「サユリ」はちょっと見たいですね。今年こそ映画を見て、音楽会に行こう、と決意しています。

元旦からは慣例の箱根友人宅へ、2日の駅伝応援を楽しみに温泉につかってゆっくり元旦の夜を過ごしました。友情に感謝です。
なんと2日は箱根は霙、小涌園前の応援は取りやめて、テレビで応援。順天堂の最後のランナーはかっこよかったですね。でも今名前が思い出せない状態です。最近のことはよほどでないと、すべて忘れます。まー優先順位ということにしておきましょうか。でもともかく、ちょっとした約束も、直ぐに抜けてしまいます。私と約束をしたかたは、確認の連絡をお願いしますね。

昨年暮から今年は、慣例の風邪も引かずに元気にしていました。思えば、義理より自分の会いたい友達と美味しいものを食べる機会を多くしたのがよかったのでしょう。今年からお邪魔している帝京平成大学の臨床心理学科は、本当に楽しい先生が多く、特に統計学の大家のS先生はユニークで、個性溢れる方です。彼は毎月夜の学科会議を美味しいうなぎやさんやその他美味しい店を手配して、催してくださるので、アルコールも栄養も取れて、それが私の元気につながっているのかもしれません。何しろ片道2時間はかかり、うっかりすれば最後の20分はバスで立ちっぱなし (最近の学生は、年長者に席を譲るという発想はないようです) という過酷な通勤状態をこなせたのも夜の学科会議のおかげといえます。仕事は大変ですが、人間関係、学生との交流は楽しくやっています。
この年になって新しい場所で仕事をさせていただけることは、本当にありがたいことと思っています。
ともかく、健康第一ですね!今年も皆さんよろしく。

4月7日
何たる怠慢!!

5月4日
なんと、5月連休になってしまいました。
4月に大学2年目が始まり、バタバタとしていたらもう5月です。今年はコマ数が多くて2日間で9コマの授業です。信じらんない、やってらんない、といいつつ、やっちゃっているんですね。やはり好きなんでしょうか、働くのが?! ウソです。

4月30日から2晩泊まりで、友人夫婦の安曇野のお家に遊びに行って来ました。中房温泉という秘湯に行き、なんと混浴の露天風呂に入ってしまいました。あまり深くは語りませんが、いい体験でしたよ。ひさし振りで気楽にのんびりと2日間を友情に甘えっぱなしで過ごしました。甘えられる友がいるのはなににも変えられない喜びです。お天気はあまりよくなかったのですが、本当に気持ちがリラックスできる2日間でした。

昨日は、また平塚の友人宅におよばれして昼間からご馳走を頂いてきました。友達のご主人が料理の名人で、お庭にピザの釜を作って、そこでおいしいピザを焼いてくださるのです。まったく私は友に恵まれています!その代わり今日は机の上に溜まっていた手紙類の整理、資料作りとせっせと働いています。また連休が終われば、毎日が戦いです。しばし休戦状態で心身ともに休むことをこの連休は心がけています。明日から、一晩どまりで箱根です。またまた友人宅です。思えば本当に優しい友達に囲まれているんです。(むせび泣き) 

8月23日
なんと!8月も終わろうとしています。ショック!
先日、ホームページを見たのですが、最近更新していないですね、というご指摘を受けました。ホント、怠慢です。
夏休みになったら、つぶやきメモに大いにつぶやこうと思っていました。それがこの始末です。
今年の夏休みは、7月30日から8月2日まで、2泊の信州の旅で始まりました。例年の行事で、清里の野外バレーと小淵沢のウナギ、それと温泉です。本当に気持ちのいい2日間でした。またまた友情に感謝!!

それ以後は、大学のオープンキャンパスや公開講座、例年のカウンセリング学会の鬼怒川研修会、などなど、けっこう仕事もしてましたね
お盆の3日間はマッタク静かに、家で過ごしました。猫たちも久しぶりに私が在宅しているので、誰かが膝にきてましたね。映画も見ましたよ!「美しい人」 これはナカナカでした。最初に見たときは、疲れていたので9つの物語についていくだけでヘトヘト、翌日もう一度挑戦して今度はじっくりと楽しみました。監督はロドリゴ・ガルシア、かのノーベル賞作家、ガブリエル・ガルシア=マルケスの息子さんです。出演女優もホリーハンターはじめ演技派が多く、日常の一こまを切り取って、ドラマのエッセンスを、これでもか!というように呈示されていました。同じ夜に、ル・コント監督の「親密すぎるうちあけ話」を梯子しました。これはとても面白かったです。お勧め! 翌日は「ローズ・イン・タイドランド」を見に行きました。これはちょっと私の好みではなく、なんとも後味が嫌で、このまま家に帰るとスッキリしない感じでした。そこでお隣で「ハイジ」をやっていたので、それで直ししてお家に帰りました。

今日は、階上に住む友人夫妻が7,5,3才の娘を連れてきます。彼女らは猫さんにあいたい、と来るのですが、チビちゃんか必ずコワーイ!と一泣きして、それから猫パーテイーが始まります。孫も大きくなってしまい、下の息子は結婚する気配もないので、若い友人のところの子どもたちを構って楽しんでいます。

また、これを書くのは何時になるでしょうか・・。一月に一度はつぶやきたいですね。 
ホームページを出しているので、毎日、ジャンクメールが100通ぐらいきます。朝、それをゴミ箱に入れ、完全削除をするのが一種の快感にもなって来ています。英語のタイトルでメールを出さないでくださいね。見境なく消去してしまうので、時々アメリカからの大事なメールを見落としたりしています。


最近のつぶやきに戻る